読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井上食堂

井上由子のブログです。創作ジュネとか息子とか日々の話です。

ズートピア観ました

今更ですが、ズートピアを観てきました。

Disnyの映画を観るのはすごく久しぶりだったのですが
今ディズニーってこんな?こんななの??
すごい社会性メッセージが強いんですね。びっくりしました。
びっくりしましたがすごくいいと思いました。

最初はそんなに興味なくて、フーン新しいのやるんだ、ぐらいだったのですが
twitterで流れてきた評判が良くて、とても良くて
気になって仕方なかったのでママズクラブシアターの日を選んで行って来ました。

 


案の定息子は全然観ないで歩きたがり、眠くなり、ギャーン泣いていたのですが
私と夫で交代で抱っこして凌ぎました。
というか後半ほぼ夫が抱っこしてくれていました。
してくれていたと言うか押し付けていました。
ありがとう夫、諦めてくれ夫!

 

余談ですが、ママズクラブシアターはあんまりシリアスな映画を観るのには向いていない気がしますね。
けっこう明るいし、もちろん子供は騒ぐし、しっとりした話よりもアニメとかコメディがよさげです。
また行きたい!って思ったんですけど、調べてみたら今は家の近くの映画館では好みの映画をやっていないみたいなのでゆっくり待ちたいです。

 

以下ネタバレなので隠しますね。

 

 

さてわたしが観たのは吹き替え版だったのですが
ジュディの声優は上戸彩なんですね!すごい!いい!好き!かわいい!!
わたし基本的に声優は声優さんがやるのが好きなんですけど(ジブリが…)、考えが改まりました。
すごく馴染んでよかったよー。

 

あとニック!!!!!!
なにあのイケメン!!!!!!

めっちゃかっこいい めっちゃかっこよかった
うまく言えないけどめっちゃかっこよかったよう
頭が良くて優しいなんてそんなたまんないじゃないですかーやだー
すっごい好み ちょっとヒネてるところも好み~

 

あれだろ?悲しさを知って人は優しくなれるみたいなキャラだろ?
たまんねーっすわ たまんねーっすわ~

 

なんかファンアート描きたい!って思ったんですけど

難しすぎて無理でしたディズニー神

わたしの画力じゃちょっと無理だった ずっと無理だった!

 

 

で、すごく面白かったのですが
映画全体に漂う「差別」の空気がなんともはや…って感じでした。
面白いんだけど、すごく面白いんだけど、理想郷にはびこる差別のグッとくる圧迫感みたいなの
感じては悲しい気持ちになっていました。

スタッフの思惑通りだね!!

 

昔東京プライド(パレード)行ったときと同じような気持ちになりました。
「ここはこんなに華やかで、皆美しく楽しそうで明るいけど、ここにいる人たちはきっとほぼ皆何かしらの差別を受けたことがあるもしくは感じたことがあるだろう」
っていうあの感じ

あ、あとマルコムX観たときも類似の怖さあったな…

 

 

世の中に差別があることへの絶望感

それを耐えてきたであろう人たちを見ること
異分子を排除しようとする人たちのこと

ズートピアにいる動物の数だけ何かしらの差別がある」
ことをまじまじと感じながら観ていました。

 

自分は思春期の頃女の子を好きになったりしていたので

その頃のことを思い出したりもしました。
すごい好きだったんだけど、彼女のことを好きだというとみんな冗談だと思って笑うあの感じ。

外野にとっては ありえない 話だから本気に取られない。

わたしは一所懸命に彼女のことを好きだったんだけど。

 笑い話じゃなかったんだけど。

 


あとは性差について

自分が受けた優遇や不遇のこと

思い出すことたくさんあります。

 

 

東京プライドについては昔ちょっとしたレポまんがを描いたので

ここに貼ろうかと思っていたのですが
なんかあんま…読み返してみたらあんまり差別についてうまく描けていなかったのでやめておきました
撮った写真を見ながら、一生懸命模写したページだけ置いておきますね。

 

 

なんと2007年のレポだ!

今は東京レインボープライドって言うんですね。

また行きたいな。

f:id:inoueyuuQo:20160620230817j:plain

 


という訳で、薄っぺらい感想ですがズートピアとても面白かったです。
たまには映画観ないと!

 

最近あまり本も読まず、漫画も読まず、映画も観ずで生きていたので
インプットが足りなかったですね。

いけないいけない。
また家族で何か見に行きたいと思います。